2020年05月26日

Tiaraの全波整流化

部品もそろったので全波整流化します。Tiaraは、灯火類が交流なのでLEDヘッドライトにできませんので、全波整流化します。
まずさっさっと外装外します・・・ここんところ毎日外装外してる気がする・・・・
IMG_1999.jpg
まずレギュレータ側から、作業するときはバッテリーのプラス外すかメインヒューズ外して作業してね♪
IMG_2001.jpg
ノーマルのレギュレーターとガードを外します。外したら全波用のレギュレータのピンアサインに合わせてコネクターの配置を変えます。
IMG_2002.jpg
ノーマルは
引っかけ爪を上にしてカプラー挿し込み部を見て
左上:アース 右上:AC入力
左下:AC入力 右下:DC+
今回使った全波レギュレータは
引っかけ爪を上にしてカプラー挿し込み部を見て
左上:DC+ 右上:AC入力
左下:AC入力 右下:アース
となります。レギュレータごとに違うので調べてから作業してくださいね~
IMG_2004.jpg
レギュレータを取り付けます。ノーマルのガードは使えなくなりますので外してください
つぎにライト配線の加工です。ハーネスの中ほどの絶縁テープを外し黄/赤配線の分岐場所を探します。
IMG_2003.jpg
分岐部分の単線になってる方をカットします。
IMG_2005.jpg
2本束になっている方は、レギュレータ側で単線の方はライト側です。束になっている方を絶縁してください。単線になってる方をキー以降のプラス配線に接続してくださいティアラの場合は薄茶線でした。(キーボックス見て確認してね♪)バッテリーを戻しライトの点灯試験
IMG_2007.jpg
キーをオンにしるとちゃんとつきましたので、ハーネスのテープをはがした部分を直します。
IMG_2008.jpg
つぎにジェネレータ加工です。Y125Zと同じジェネレータコイルでしたので、詳しくはそっちを探してみてくださいね♪
IMG_2009.jpg
ジェネレータコイルの黄/赤線と黒線、右端のニクロム線を結線されているところからカットしてください。
IMG_2010.jpg
黒線は使わないのでカットして除去してください。黄/赤線とニクロム線を結線してカバーを元に戻します。結線した線ですが、マグネットに当たらないように工夫してくださいね。結線方法は125Zのページにありますので、参考に
次にジェネからハーネスに行くカプラーを探して下さい。
IMG_2011.jpg
赤いやつね、このカプラーのハーネス側の黒線をカットしてボディーアースするか、バッテリーのマイナスにつないで完成です。さてテスターで動作試験
IMG_2012.jpg
エンジン停止時は12Vをさしています。
IMG_2013.jpg
エンジンをかけると14Vになりますのでちゃんと発電していることが分かります。これで完了。テールランプとヘッドライトをLEDに変えます
IMG_2015.jpg
IMG_2018.jpg
明滅せず安定して点灯します。これで終わり後は外装を戻して完成です。途中雨降ってきて大変でした・・・・・
疲れたよ~~



posted by こきち at 16:14| 東京 ☀| Comment(0) | Tiara120 完結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください