2021年03月14日

次のステップへ

さてさてどうせ作り直しになってるPhazer君なのでリアのブレーキシステムを新しくすることにしました。
まず。
IMG_5371.JPG
イタリアのDISCACCIATIのサムブレーキマスターです。本国には握るタイプと押すタイプの2種類売ってるようですが、こちらは押すタイプ。サムブレーキシステムは、本家はブレンボで後はACCOSSATOとベルリンガーが出ています、日本だとゲイルスピードとベビーフェイスさんから出ていますが、いずれも高価で手が出ませんもちろんDISCACCIATIも高いといえば高いのですがこの中では安い部類。たまたまステー無しのやつでセールで安く出たものがあったので、購入送料込みで約3万ちょっとで、輸入できました。次に台湾から
IMG_5401.JPGIMG_5402.JPG
おなじみFRANDOのリアマスターシリンダを購入しました。リアブレーキを2ラインにするためにノーマルマスターでもできるのですが、リアマスターって社外品付けたことが無かったので、この際つけてみっかということで採用してみました。

さてさてサムマスターの方のステーを制作します。ベースに汎用のステアダン用のフォーククランプを使いステンレス板を使いステーを作ったのですが、頑丈なステンレスで作っちゃったおかげで穴開けるたびに焼きが入りドリルの先端が真っ赤に(w結構じかんかかったけど完成~
IMG_5399.JPG

さて取り付けです。
IMG_5404.JPG
イイ感じじゃね?欲を言えばもう少し上向いてもらった方がいいのですがステー又作るのも面倒なんで、これで良しとします。

つぎにリアマスターの交換このマスター面白くて固定する部分が上のピロの部分のみあとはブレーキペダルの2点で止める変わった作りで、ペダルを踏んだ時の入力の力がマスターがスイングすることによってはいるロッドに力が真っすぐ入るという代物。
IMG_5407.JPG
YAMAHAだとわりとボルトオンできそうですね(w 長さ調整が結構できるので、汎用品としては広く取り付けできるのではないかと思います。普通のマスターだとロッドが斜めに入っていくために入力した力が真っすぐにピストンに伝わらないのです。なかなか面白いシステムです。動画で見たもらほうが早いかと。


今回は取り付けのみサムマスター~リアマスター間のブレーキホースの長さを見るために取り付けたのですがブレーキホース118mmって長い(w 次回ブレーキホースの取り付けと、サムマスターのタンクとホースの取り付けとエアー抜きかな とりあえずここの完成は次回

さてさらに来たもの出来上がったものがあるので
IMG_5406.JPG
スターター側ケースカバー再塗装が上がりました。純正っぽくしてもらいました。これで、外にも出せます。

つぎに折れちゃったレバーガードが来たので取り付け
IMG_5409.JPG

写真には撮らなかったのですが、取れちゃったステムのハンドルストッパの修理もしました。
あと、以前はFRPで作ったキャブカバー(外装から水滴が直接キャブに入らない為のカバー)ですが、今回はノーマルの下側全部切って作りました。なぜノーマルを使ったかというと実は今回の転倒で分かったのですがエアクリボックスって外装の強度補強構造材になってるのですよ。
あとねFRPで作るの面倒だったのよ(w というわけで今日はここまで また次回お楽しみに♪
posted by こきち at 03:58| 東京 ☀| Comment(0) | FZ250 Phazer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください