2014年10月27日

あがりました~

イメージ 1
ヤフオクでご購入いただいた3EN2のスイングアームの幅つめ加工です。
ちょっと厄介な、ことを加工していただいているエアープランツさんにお願いしました。写真ではどこが凄いのか分かりませんよねー
 
スイングアームを幅つめ加工したときにサイドのシールキャップが付かなくなります。多くの加工スイングアームの場合ココはキャンセルまたはキャップを加工するのですが、キャップのシールのリップまで削ってしまい、水分が入りやすくなります。なので雨の日の取扱注意の車両が出来上がるわけです。最悪ディスタンスカラーが錆びてベアリングに固着と言うことがありえるのです。昔、何も知らないころ自分のバイクで実際におきました。カスタム屋さんも、こういう点があるから注意してねとか、必ずメンテナンスしてねとかまったく教えてくれませんでした
 
なので今回は極力シールキャップを削らずにシール性を保ったまま幅つめして!とお願いしたのですが、さすがに難しい顔されました(www
 
そこは、頼りになるエアープランツさんオーダー通りにきっちりあげて来ました。
私は見た瞬間 おーーすげーー!!といったのですが、遊びに来ていたほかの人たちは、何が凄いのか分からなかったようです。
 
ちょっとしたことなんですが、バイクのカスタムって意外と見えないところやちょっとした所がものすごーく大変だったりするのですよ~
ラベル:オートバイ
posted by こきち at 22:06| カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする