2015年12月24日

LC135

東南アジアの最近のアンダーボーンモデルで一番カスタマイズされているのがLC135です。4サイクル水冷135ccのエンジン。
ありとあらゆる部品があり、好きにカスタムできるのが特徴です。日本でも売れそうなんですけどね~~
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

こいつかっこいいのです ほしい♪
イメージ 11
イメージ 12

ラベル:オートバイ
posted by こきち at 20:45| 海外モデル考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

ZR120/RR120

ネット徘徊してたら、たまたま見つけましたJZ120シリーズの進化版
ZR120!こいつは初見です。デルタボックスフレームのアンダーボーン
しかも水冷! まだまだ知らないモデルがあるなぁ~~~
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

イメージ 6
イメージ 7
ラベル:オートバイ
posted by こきち at 23:26| 海外モデル考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR120/Tiara120

ひと昔前のアジア圏のバイクといえばアンダーボーンが中心でした。
その中でも、日本に輸入されたのが、私も持ってるTiara120です。

さいしょはJR120でTeara120の前身モデルとなります。JR120とTiara120ではピストン形状が変更されパワーアップを図っています。
どちらも無印、Sがスポークホイール、RとMXがキャストホイールモデルとなります。
イメージ 1
ど初期のモデルでリアがドラムブレーキ
イメージ 2
こっちはディスクになっています。アウル形状とテールランプの形状も違いますね
イメージ 6

JR120のカスタムも多数存在します。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

Tiara120S
イメージ 7
6Speedって書いてるってことはJR120は5速なのかなぁ~~
イメージ 8

一番上位機種のSPEED MX ホイール形状が違いタンデムステップがアルミ製にテール、ブレーキランプが透明になっています。

ラベル:オートバイ
posted by こきち at 22:24| 海外モデル考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする