2015年10月18日

70'sは手ごわい

さてザクッと組みました。
イメージ 1
勘所がわかんねー
クランクのインストールツールなんですが、ねじの部分がM7!
んなのねーよよいうことでエアープランツさんに専用工具作ってもらいました。
このエンジン、精度がきっちきちでピンポイントを出さないと組めないのです。
なので、勘所を知るまで何度も閉めなおしました(涙
そんなこんなで何とか完成
イメージ 2
あとはクラッチとポイント組めば終わりです。
次はエンジン積んでマフラー作らなきゃ~

ラベル:オートバイ
posted by こきち at 02:35| RD125 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

届いたー

AX125~RD125などの小排気量ついにしか使ってない「こいつ」
イメージ 1
その形状からツノシールという通称で呼ばれるOリング。
クランクの真ん中に使うこいつは、RD125をO/Hするときの必需品ですが、すでにメーカでは廃盤 今回はシンガポールのショップから取り寄せた純正新品当時モノ
海外で愛されたバイクは、こういう風に部品が残ってたりします。
まあでも物理的に70年代のバイクをO/Hするのって今が最後かもしれないですね~
さてクランク組むかのぉ~
ラベル:オートバイ
posted by こきち at 19:27| RD125 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

下準備2

さて、下準備の続きです。
イメージ 1
ベアリングと組んでも支障のないシールのインストール
イメージ 2
シリンダー内部に薄く錆が出ていたのでペーパー手ホーニング、ピストンに薄く傷があったのでこちらもペーパーで修正
イメージ 3
ヘッド&シリンダーのフィンの頭を磨きました適当に(w
あんまり磨くと粗が目立つので適当に
さてあとはシンガポールから取り寄せているツノシールが届けばクランク組めるぞー
ラベル:オートバイ
posted by こきち at 22:42| RD125 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする