2020年12月29日

UMA Racingのシリンダーに交換

記事上げるの忘れてた(w
UMA Racingのシリンダーに交換しましたよ~ 合わせてヘッドを18Gの物を加工して取り付けました。
IMG_4099.JPG
そのまんまだと付かないので。
IMG_4101.JPG
後ろ側ぶった切り
IMG_4105.JPG
で付きました。
IMG_4108.JPG
IMG_4113.JPG
まあでもカウルつけると隠れちゃうのよね
IMG_4117.JPG
IMG_4118.JPG
完成~ セッティングやらんとあかんね シリンダーの音デカい!共振のゴムとかフィンに入れてないしね~
ちょっと気になるから一回少し走ったら開けるかな~
posted by こきち at 21:13| 東京 ☀| Comment(0) | Y125Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

忘れた頃にやってくる!

1か月ぐらい前に注文したものが届きました。
マレーシアの日本にも送ってもらえるショップでは、どこも扱っていないものだったので半ばあきらめていたのですが、輸入代行をやってくれる会社があったので、注文しました。
IMG_3165.JPG
届いたときは歓喜を上げましたよ(w
マレーシアのRacingBoyというメーカのY125Z用バックステップです。
IMG_3167.JPG

さて取り付けですが・・・・日本の常識は通用しません(w
IMG_3168.JPG
まずは、ノーマルのピポットシャフトを外しキットの中にあるシャフトに交換します。
ノーマルのステップ周りの部品を可能な限り外します。
IMG_3169.JPG
結構バックステップになってますな。大丈夫か?これ・・・・
IMG_3170.JPG
マスターの移動をしスイッチなんかを移動して取り付け、タンデムステップの部分の後ろ側にカラーを入れて締め付ければブレーキ側完成。
マスターからリザーバータンクに行くホースの長さが余っちゃうので、カットしました。意外と取り付けは力業でプレート弓なりにしないと、付かないんですよなので、タンデムステップの取付穴を利用する部分の穴が長孔になっています。あとピポットシャフトの長さが微妙でしかも両端ナット止めなので左右のステップを付けながら、微調整しなくてはいけません・・・これ絶対短いよなー
次にチェンジ側です。こちら側のステップですが、サイドスタンドステーに溶接でくっ付いているため、ステップを切り落としました。
IMG_3174.JPG
シフトシャフトの部分ですが残念ながらオフセットが合いません。付属の物が使えないので工具箱明後日たら良さげなものがあったのでそれを流用して完成♪となりました。こうやって海外製品使ってみると分かるのが日本製のボルトオンをうたってる商品ってスゲーナーと思います。

さて完成~~♪
IMG_3176.JPG
IMG_3177.JPG
乗ってみると意外とアリかも!っと思えます。
さてY125Zもやることが無くなってきましたね~ あろはUMA Racingのレーシングシリンダーへの交換とアルミスイングアームでしょうかね~
スイングアームはどうしようか考え中・・・ノーマルでもいい気がするのよね~

さて今回輸入代行に使ったのがカウベイさん
代行費用もそんなにはしないので、おすすめです。ただ現在マレーシアの流通事情が悪く送料が半端ないので、コロナが落ち着いたらの方が今は良いかもしれないですねー 私は関係なく買っちゃいますが(w
posted by こきち at 22:17| 東京 ☀| Comment(0) | Y125Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

意外と規格化されてるみたい。

先日インドネシアから取り寄せたRX135系用のチャンバー、ティアラに使えるかと思って取ったのですが、全然ダメでした
IMG_2059.jpg
ふとサイレンサーの取り付け部分見た時に、これAHMのチャンバーと同じピッチじゃね?と思ったので、AHMのサイレンサーをメンテに出しているので、取り付けてみました。
IMG_2099.jpg
IMG_2098.jpg

付くじゃん!結構規格化されてるのかなーもしくは作っているところが同じか・・・
うーんステンレスの素のままだとちょっと浮いちゃうね・・・バーナーがあったので焼いてみました
IMG_2103.jpg
IMG_2104.jpg

イイじゃん!って結構ガス使うのね~あと鋼材がかぶってるところは熱が上がらないのか焼きが入らないのね。勉強になるな~
posted by こきち at 01:02| 東京 🌁| Comment(0) | Y125Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする