2019年09月09日

似て非なるもの

maxresdefault.jpg
友人から譲り受けましたRZ-Xのフレームです。

台湾ヤマハで販売されていた海外モデルのフレーム、その後タイやマレーシアブラジルなどでRXZの名前で販売されていました。
IMG_9108.jpg

空冷版RZ125みたいな形ですが、実は結構違います。大きく違いがわかるのは、空冷エンジン、2本サスといったところでしょうか
実際比べてみましょう。
_res_blog-48-86_kohoki44_folder_1329886_29_39766629_img_2.jpg
IMG_9106.jpg
上がRZ125 下がRZ-Xです。横だとわかりにくいですね(w

_res_blog-48-86_kohoki44_folder_1329886_29_39766629_img_0.jpg
IMG_9107.jpg
メインフレームのアッパーが大きく違うのがわかります。RZはアッパーが2本に対しRZ-Xは1本になっています。

おかげでcustomするときのタンクの選択肢がふえるので自由度があります。
IMG_9111.jpg
RZ125では、乗せるのにタンク裏側の大加工が必要でしたが、こいつは小加工で、乗りそうです。

エンジンはといえば・・・
IMG_9109.jpg
37Fのケースが乗ります。RZ125も試しに載せてみましたがこちらも乗ることを確認できました。
フロントとピポット部分の辞区間距離は同じようです。唯一下側のマウントが違うので、ちゃんと乗せる場合は、下側のマウントを加工しなければいけません。これはRZ125に37Fのエンジンを積むときも同じなので、許容範囲のうちだとおもいます。

さてどう料理しますかね・・・
posted by こきち at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | RZ-X | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする